イチョウ.jpg

一般社団法人在宅介護ラボラトリについて

​秋田県は高齢化率全国1位、人口減少率全国1位、県民一人当たり所得43位という課題先進地です。その結果介護事業への異業種からの参入が後を絶たず、小規模多機能やショートステイ乱立による人材不足等、経営の課題を抱えた事業所が増加しました。

​当法人は、公的機関の専門家派遣事業から事業デューデリジェンス、月極コンサルまで、安定した経営体制が整うよう幅広い支援を行っております。

経営理念

​当法人では、介護事業所が「提供したサービスに対して正当な対価を得る」ための支援を行ない、揺るぎない経営基盤を整備することを理念としています。

介護サービスは無料奉仕ではありません。営利法人は利益を追求し納税することで地域に貢献することが責務と考え、コンサルティングを行っています。